通信制高校とサポート校の学費

Filed under: 通信制高校 — pradmin @ 5:55 PM 2014年5月30日

通信制高校、特に公立は、卒業するために自分自身の意思や意欲、そしてそれを継続させる情熱などが必要とされます。
努力があればなんでもできる、努力なくして何も成し得ない、これは実に真理ですが、中学時代を不登校などで悩み、中学での学習に集中できなかった子供たちは、往々にして高等教育を理解するための基礎的な学習が出来ていないこともあります。
公立のカリキュラムでは、ついていくこと自体がかなり難しいということもあり、「努力でなんとでもなる」と突っぱねてしまうのはあまりに酷です。
折角進学を決めた生徒が、新しいスタートを切れるような環境を与えるということも、時には必要です。
そのために、サポート校の同時利用というのも、大変有効な手段です。


<通信制高校の学費とサポート校の学費>

通信制高校は公立であれば年間1万円から3万円程度です。
しかし卒業は約半数で、どれほどの努力を求められるかということが、その数字からも垣間見られます。
また不登校やいじめの問題で通信制を選択した生徒には、「単位の取得」ももちろんですが、社会に飛び立つための指導やコミュニケーションも不可欠です。
サポート校は、そのフォローが出来る学校として、注目されています。
ただし高校卒業の資格は得られませんので、やはり通信制高校との併用が望ましいとされています。
サポート校の学費負担は学校によって幅がありますが、年間20万から100万程度です。

参考リンク・・・・通信制高校の学費一括比較

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

現在、コメントフォームは閉鎖中です。